メニュー

新型コロナウイルス療養期間の変更について

政府は9月7日に新型コロナ陽性者の療養期間短縮を決定しました。

9月7日から療養期間の短縮が適応となります。

療養期間は以下の通りです。

①症状がある人(外来患者の場合)

発症日を0日目とし、7日間自宅療養。症状軽快から24時間経過していれば8日目に解除。

これまでは10日間の自宅療養だったので、3日間短縮されました。

②症状がない人

検体採取日を0日目とし、、7日間自宅療養。8日目に解除。

ただし、5日目に抗原検査キットで陰性を確認すれば6日目から解除となります

※検査キット=抗原キットによる検査を想定しており、自己検査でも差し支えありません。
抗原定性検査キットは自費検査となります。 

 

まとめると、陽性になった場合、発症日を0日目とし、基本的には7日間の自宅療養です。

ただし、まったく症状がない場合は、5日目に行う検査キットで陰性であれば5日間の自宅療養に短縮できる ということです。

③濃厚接触者の待期期間

最終接触日を0日目として5日間(6日目解除)が原則ですが、2日目及び3日目に抗原定性検査キットを用いた検査で陰性を確認した場合、社会機能維持者であるか否かに関わらず、3日目から待機解除が可能です。

④療養期間中の外出について

有症状の場合で症状軽快から 24 時間経過後、又は無症状の場合には、外出時や人と接する際は短時間とし、移動時は公共交通機関を使わないこと、外出時や人と接する際に必ずマスクを着用するなど自主的な感染予防行動を徹底することを前提に、食料品等の買い出しなど必要最小限の外出を行うことは差し支えない と変更になりました。

 

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME